見た目年齢に影響するヘアメイク

春が訪れると、新しくイメージチェンジを希望する女性が増えてきます。
「見た目年齢」を実年齢よりも若く、あるいは、大人っぽく見せたいとオーダーする人が多いようです。
ヘアメイクは、ファッションにおいて「なりたい女性像」の重要な要素です。
その上で、顔をより小さく美しく見せるといったバランスも大切になってきます。
10代から20代の女性は、実年齢より少し大人っぽく、30代より大人世代の女性は実年齢より少し若々しく見せたいと考えている人が多いため、見た目の年齢にヘアメイクは非常に大きい役割を果たします。
ただ、その世代でしか出せない魅力も大切にしたいものです。
例えば、10代の女性が高級ブランドのカバンを持ち歩いていると違和感を感じたり、40代以上の女性が10代のファッションをしていると品がなく見えたりもすることがあるように、ヘアメイクも同じことです。
実年齢より若々しく大人っぽく見せるためには、5歳程度の差が理想だと考えられています。
若い女性にしか楽しめないオシャレもありますし、年を重ねて感じさせる品性は大人の女性ならではの魅力です。
年齢に合わせた美の追究によって、毎日を笑顔でより輝かせることができるのです。

鏡見つめ向き合うヘアメイク

毎日、何げなくヘアメイクをしている人も多いですが、「何のため」かを考えたことがある人は少ないようです。
もともとは、「神様との対話のため」に一部の選ばれた人だけに許されたヘアメイクでしたが、以降は、「美を追求するためのヘアメイク」へ変化する時代でもありました。
また、古代ヨーロッパでは、「演出系」の化粧が登場して、病弱でか弱い女性に見えるように、白鉛をファンデーションに混ぜていたと言います。
鉛の影響で、体調不良を起こしながらも「美」を追求していたのです。
「化粧」と一口に言っても、ナチュラルメーク、ギャル系、パンク系、ビジュアル系など、数えきれない演出系の化粧から、精神的なケアをするメディカルメークなどが存在し、文化の発展とともに、現代まで多様化してきました。
「キレイになりたい、愛されたい、自分を変えたい」などといった、たくさんの思いが「化粧」という二文字の中に数えきれないくらいあります。
顔は美しさだけではなく、体調の変化や精神状態を表す鏡でもあります。
何げない化粧の時間にしっかりと鏡を見つめて、自分自身の本当の思いと向き合うようにすると、今までの面倒な化粧が、「貴重な」時間となってきます。

注目サイト

岐阜 工務店

WEB請求書システム

神戸で建て替えをするなら

防犯カメラの設置工事

Last update:2018/10/12


『ヘアメイク』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wmkb69ce/kachdemo.com/index.html on line 88


Copyright (C) 2015 「hair art factory」All rights reserved.